VBA

VBA

【VBA】Excelマクロでオートフィルターをかける方法|Autofilter

Autofilterを使えば自動でフィルタリングをかけることができます。 コピペするときに便利ですね。 Autofilter Autofilterの使い...
VBA

【VBA】Excelマクロで文字列を置換(統一)する方法|スペース削除, 改行削除

Replaceで文字列を書き換えることができます。 スペースを削除したりもできるので便利ですよ! 文字の置換:Replace Replaceの使い方 ...
VBA

【VBA】Excelマクロを自動実行する方法|イベントプロシージャ

Excelにはイベントプロシージャという機能があります。 これを使えば、ファイルを開いたときやデータを入力したときにプログラムを起動できます。 イベントプロシージャの...
VBA

【VBA】Excelマクロで最終行(列)を取得する方法(End, Count)

CountとEndを利用して、データが入っているセルの最終行(列)を取得できます。 Countで末端の行or列を取得する Sub test() Ms...
VBA

【VBA】ExcelマクロのFind(FindNext)による文字列検索

Findを使って特定の文字列が入っているセルを見つけることができます。 列番号:Find("検索文字").Row行番号:Find("検索文字").Column 別...
VBA

【VBA】ExcelマクロのLeft,Right,Midで文字を切り取る方法

今回解説するのは、文字の切り取りができる関数Left, Mid, Rightです。 ファイルを開くプログラムでパスを取得する際によく使います。 ...
VBA

【VBA】Excelマクロでコピー&ペーストを自動化する方法

コピーしたいセルや列などを指定して、Copyでコピーします。 次に貼り付けたいセルを指定して、PasteSpecialで終わりです。 ファイルを開く方法と閉じ...
VBA

【VBA】Excelマクロでファイル(ブック)を閉じる方法

閉じたいファイルを指定して、Closeと書くだけです。 ファイルを開く方法は以下の記事で解説しています。 Closeでファイルを閉じる ...
VBA

【VBA】Excelマクロでファイル(ブック)を開く方法

Workbooks.Open()で開きたいファイルのパスを指定するだけです。 ファイルのパス(保存されている場所)さえわかれば、誰でも実装できます。 Work...
VBA

【VBA】Excelマクロでのセル,シート,ファイルの指定(選択)

VBAでは、処理したい対象を指定してから操作を書くことになります。 基本的に対象となるのは、セル、シート、ファイルです。 今回はそれらを指定する方法を解説しま...
タイトルとURLをコピーしました