【VBA】Excelマクロでオートフィルターをかける方法|Autofilter

VBA
スポンサーリンク

Autofilterを使えば自動でフィルタリングをかけることができます。

Autofilterの解説コード

コピペするときに便利ですね。

Autofilter

Autofilterの使い方

フィルターをかけるには、Autofilterを使います。

例えば、以下のようにデータが並んでいるとします。

フィルターをしたいデータの入力例

A列に入っているサンプル名でフィルターをかけてみましょう。

Sub test()

Columns(1).AutoFilter field:=1, Criteria1:="A"

End Sub
フィルター後のデータ

こんな感じで、”A”だけ残っていれば成功です!!

Autofilterの解説コード

フィルターをかけたい範囲(実行範囲)を指定し、Autofilterと書きます。

field:実行範囲において、何列目か
Criteria1:表示したいデータ(今回は”A”)

もちろん”B”を表示したいならCriteria1 := “B”です。

範囲の指定方法は、以下のセル,シート,ファイルの指定方法をご覧ください。

大文字小文字は区別しない

Autofilterは大文字と小文字を区別しません。

以下のように、A列に”sampleA”と”SampleA”があるとします。

引数Criteria1を”sampleA”にしましょう。

Sub test()

Columns(1).AutoFilter field:=1, Criteria1:="sampleA"

End Sub

実行してみると、どちらも表示されているはずです。

つまりAutofilterでは大文字小文字は区別されないってことですね。

2つのデータを表示する方法

複数のデータを表示したい場合は、引数OperatorとCriteria2を設定します。

例えば「”A”または”B”を表示したい」なら以下の通りです。

Sub test()

Columns(1).AutoFilter field:=1, Operator:=xlOr, Criteria1:="A", Criteria2:="B"

End Sub
”A”または”B”を表示したデータ

“A”も”B”も表示されていますね。

複数データを表示するコード
xlOr:または(”A”または”B”)
xlAnd:かつ(”A”かつ”B”⇒何も表示されない)

3つ以上のデータを表示する方法

3つ以上のデータを表示させたいなら配列を使います。

配列とは、簡単に言うとデータが入っているリストのことです。

例えば下図で、A列に”A”,”B”,”C”が表示されるようにフィルターをかけたいとします。

”A”~”E”の項目が入っているデータ
Sub test()

Dim myArray(2) As String
myArray(0) = "A"
myArray(1) = "B"
myArray(2) = "C"
Columns(1).AutoFilter field:=1, Criteria1:=myArray, Operator:=xlFilterValues

End Sub
ABCを表示させるコードの解説図

まず、配列myArrayを作成して”A”,”B”,”C”を入れましょう。

次に、引数Criteria1に作成した配列を渡して、OperatorはxlFilterValuesにすればOKです!

実行後のデータ

myArray(3)=”D”を追加すれば、”D”も表示されます。

複数列を対象に絞り込む方法

複数の列を参照してフィルターする方法です。

下図のように、サンプル名に”A”と”B”、そして条件に”C”と”D”があるとします。

サンプル名と条件とでわかれているデータ

サンプル名が”A”で条件が”C”であるデータのみを表示させましょう。

Sub test()

Range(Columns(1), Columns(2)).AutoFilter field:=1, Criteria1:="A"
Range(Columns(1), Columns(2)).AutoFilter field:=2, Criteria1:="C"

End Sub

フィルターする範囲を1,2列にして、fieldで絞り込む対象を決めます。

実行範囲を2列にした図

例えば、A列は実行範囲における1列目なので、field := 1に対応します。

”A”と”C”を表示したいので、field := 1が”A”で、2が”C”です。

実行すると以下の通り。

実行後のデータ

ちなみにWithでコードをまとめるとスッキリ書けます。

Sub test()

With Range(Columns(1), Columns(2))
    .AutoFilter field:=1, Criteria1:="A"
    .AutoFilter field:=2, Criteria1:="C"
End With

End Sub

With~End Withまでの間では、” . “から始めたコードは”Range(Columns(1), Columns(2))”の続きとして認識されます。

▼ボタンを非表示にする方法

フィルターマークの▼を表示したくないなら、visibledropdownをFalseにしましょう。

Sub test()

Columns(1).AutoFilter field:=1, Criteria1:="sampleA", visibledropdown:=False

End Sub

この方が見た目がスッキリしますが、手動でフィルターを操作できなくなるので注意してください。

特定の項目で絞り込んでコピーするプログラム

別ファイルの”Book1.xlsx”から、“A”のみをフィルターしてコピペしましょう。

別ファイルから”A”のみをコピーする図

①処理対象を定義する

Sub test()

Dim copyWs As Worksheet
Dim pasteWs As Worksheet
Set copyWs = Workbooks("Book1.xlsx").Worksheets(1)
Set pasteWs = ThisWorkbook.Worksheets(1)

MsgBox copyWs.Cells(1, 1)
MsgBox pasteWs.Cells(1, 1)

End Sub

コピー先や貼り付け先のシートをSetで変数として定義します。

CopyWs:コピーしたいデータがあるシート
PasteWs:貼り付け先のシート

Dimでそれぞれの変数がシートであることを定義して、Setでどのシートか設定しましょう。

オブジェクトの指定方法がわからない方は、以下の記事を参考にしてください!!

②コピーしたいデータに絞り込む

Sub test()

Dim copyWs As Worksheet
Dim pasteWs As Worksheet
Set copyWs = Workbooks("Book1.xlsx").Worksheets(1)
Set pasteWs = ThisWorkbook.Worksheets(1)

copyWs.Columns(1).AutoFilter field:=1, Criteria1:="A"

End Sub

今回紹介したAutofilterで”A”が残るようにフィルターをかけました。

あとはこれをコピペするだけです!!

③コピペする

Sub test()

Dim copyWs As Worksheet
Dim pasteWs As Worksheet
Set copyWs = Workbooks("Book1.xlsx").Worksheets(1)
Set pasteWs = ThisWorkbook.Worksheets(1)

copyWs.Columns(1).AutoFilter field:=1, Criteria1:="A"
endRow = copyWs.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
copyWs.Activate
copyWs.Range(Cells(2, 2), Cells(endRow, 2)).copy
pasteWs.Cells(2, 1).PasteSpecial
Application.CutCopyMode = False
pasteWs.Activate

End Sub

絞り込んだ範囲をCopyでコピーして、PasteSpecialで貼り付けます。

実行すると”A”のみがプログラム実行ファイルに転記されているはずです!!

実行後のデータ

コピペの方法については以下の記事で解説していますので、参考にどうぞ!

ファイルを開いたら自動でフィルターするプログラム

イベントプロシージャを使えばAutoFilterの実行を自動化できます。

プログラムを書く画面の左端にある、”ThisWorkbook”をダブルクリックしましょう。

プログラムを書く画面の左端
ファイルを開いたときに実行するプログラム

左上を”Workbook”右上を”Open”にします。

これでファイルを開いたときに自動実行するプログラムが書けます。

Private Sub Workbook_Open()

Worksheets(1).Columns(1).AutoFilter field:=1, Criteria1:="A"

End Sub

中身は冒頭に紹介したA列の絞り込みにしました。

Worksheets(1)を指定しているので、1枚目のシートでフィルターが実行されます。

特定のセルの値を参照してフィルターするプログラム

例えば、A1セルに入力した値でB列をフィルターするようにしましょう。

下図のように、絞り込みたいデータがあるシートをダブルクリックしましょう。

セルのデータが変わったときに実行するプログラム

左上を”Worksheet”右上を”Change”にします。

すると、セルのデータが変わったときに自動実行するプログラムが書けます。

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)

If Target.Column = 1 And Target.Row = 1 Then
    c = Cells(1, 1).Value
    Columns(2).AutoFilter field:=1, Criteria1:=c
End If

End Sub

編集されたセルはTargetとして受け取られます。

このセルの行と列が1、つまりA1なら実行するようにif文を使いました。

あとはAutoFileterを実行して、Criteria1にA1セルの値を渡すだけです!

イベントプロシージャについては以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

今回はフィルターによるデータの絞り込みを自動化してみました。

報告用資料作成やデータ集計で役に立つのでぜひ使ってみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました